1. HOME>
  2. コース案内 >
  3. Aコース

Aコース

  バミューダグリーン ベントグリーン
Back 3315ヤード 3129ヤード
Regular 3092ヤード 2190ヤード
Ladys 2600ヤード 2412ヤード

↑ページの一番上に戻る

1番(パー5)

ティーショットは稚の木の右狙い。
距離のあるロングホール。右の池を警戒するあまり、左へ打ち過ぎると2打目が爪先下りのライになり苦しくなる。
左の椎の木を狙ってフェードボールで攻めたい。
グリーンは大きいのでアプローチはピン位置をよく確認して。

↑ページの一番上に戻る

2番 (パー3)

ピン位置で1クラブは違ってくる。
打ち上げのショートホール。左の池は気にならない。グリーンをはずしてもバンカーにさえ入れなければ、寄せワンも狙いやすい。
ただしピンの位置によっては1クラブは違ってくるので、クラブ選択を慎重に。

↑ページの一番上に戻る

3番 (パー4)

ティーショットは右山裾を狙って。
右杉林、左松林のOBはあまり気にならない。第1打は右山裾狙いで、フェアウェイ中央の好位置をキープできる。
逆に左へ行き過ぎると次打で爪先下りのライになる。グリーンは受けているので手前から攻めよう。

↑ページの一番上に戻る

4番 (パー4)

第1打は左右杉の木の中央狙い。
左右杉の木の先から下りになっており、ロングヒッターなら残りはウエッジの距離まで行く。しかしフックは池。花道は広いので、安全にいくならティーショットをアイアンでも。
アプローチは打ち上げになるので、クラブ選択を慎重に。グリーンオーバーは返しが難しい。

↑ページの一番上に戻る

5番 (パー4)

左右のクロスバンカーに注意。≪ドラコンホール≫
ゆるやかな打ち下ろし。第1打はフェアウェイ中央やや右がベストポジション。ロングヒッターなら越えていけるが、右のクロスバンカーに注意。
グリーンは軽い打ち上げとなる。手前ガードバンカーはアゴが高いので注意。

↑ページの一番上に戻る

6番 (パー4)

第1打は確実に左クロスバンカー手前に運ぶ。
長打者ならグリーンエッジまで運べる距離だが、Kグリーン手前のバンカーに入れると Bグリーンまで距離があるので2オンも難しくなる。

↑ページの一番上に戻る

7番 (パー3)

クラブ選択は慎重に。≪ニアピンホール≫
池越えの美しいショートホール。かなりな打ち下ろしなので、クラブ選択で迷うところ。
グリーン奥はオーバーさせると返しのアプローチが難しい。右側からの攻めが安全ルートである。

↑ページの一番上に戻る

8番 (パー4)

ティーショットは左狙いで。
右側の山全体がOBになっている打ち下ろしのミドルホール。ティーショットのスライスは禁物。距離もさほどないので、刻んでフェアウェイを確実にキープし、寄せワンを狙う方法が安全策。グリーンは広いのでアプローチショットは正確に。

↑ページの一番上に戻る

9番 (パー5)

第1打、第2打とも左から攻める。
右正面のクロスバンカーを避け、落下地点の広い左サイドからの狙いがベスト。
2打目からも右サイドに池があるのでスライスは禁物。Bグリーンは中央の高いまんじゅう型。

↑ページの一番上に戻る